azbil

GO to the azbil Global Site

社長挨拶

社長挨拶


社長挨拶 弊社、azbilグループの「株式会社 山武瑞穂」は、ブランドの統合ならびに強化のため、
2012年4月1日より社名を「アズビル京都株式会社」に変更しました。
azbilグループは、「人を中心としたオートメーション」で、人々の「安心、快適、達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献するという、グループ理念に基づいて事業を行っております。
弊社は、京都駅から北西約50kmに位置する、豊かな自然環境の丹波高原にあります電磁流量計を主な製品とする生産会社です。
国道9号線から弊社に至る坂道を登りますと、「azbil」ロゴが付いた桃色のフレームの大きなタンクが目に入ってきます。これは実流校正に使用しますオーバーフロー型の高架水槽で、高さは、35mあります。実流校正流量におきましては、世界最高水準の設備を有しております。また、ISO17025に準拠したJCSSを取得して、校正事業者登録もしています。この校正設備を使い、各種流量計の校正事業も行っております。(JCSS取扱はアズビル株式会社)品質マネジメントシステムISO9001 (取扱はアズビル株式会社)、環境マネジメントシステムISO14001も取得して事業運営しております。
弊社は、社員の平均年齢が若い、元気のある会社です。改善提案制度やJITの考えを取り入れ、QCDの向上に向けて現場改善を実施しながら生産活動を行っています。シンボルとして「トップレベル品質のアズビル京都」を掲げて、お客さま・地域社会の長期パートナーとなれますよう企業活動を続けて参ります。今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

アズビル京都株式会社
 代表取締役社長
  樋口 裕


←「アズビル京都について」に戻る



(C) Azbil Kyoko Co., Ltd. All rights reserved.